"/>

九州映像制作 福岡映像撮影 さまざまな企業官公庁様からご依頼いただいてます。 

九州ビデオ撮影 福岡映像制作 092-437-1110

BLOG

衣笠さんとお会いしました。

投稿日:

衣笠さんとお会いしました。

鉄人 衣笠さん 

先日ある集まりで衣笠さんとお会いしました。

衣笠 祥雄(きぬがさ さちお、1947年1月18日 - )は、京都府京都市東山区出身の元プロ野球選手(内野手)。現在は野球解説者。愛称は「鉄人」。

経歴
洛東中学校入学時には、柔道部に入りたかったが、中学に柔道部がなかったためやむなく野球部に入部した。1964年、平安高校3年時、春のセンバツと夏の甲子園に捕手として出場し、いずれもベスト8の成績を残す。この時バッテリーを組んでいたのが、植木一智(後に阪神)であった。
翌1965年、広島カープに入団。白石勝巳監督の方針で内野手に転向し、1968年から一塁手として一軍レギュラーに定着。1975年にはジョー・ルーツ監督により、三塁手にコンバートされる。この年、5番打者として4番の山本浩二と共にクリーンナップの一翼を担い、球団初のセ・リーグ制覇に大きく貢献した。特に、オールスターゲームにおける山本との二打席連続アベック本塁打は、現在でもオールスター屈指の名場面として語り草になっている。
その後も赤ヘルの主砲として、1976年に盗塁王、1983年8月9日の対阪神戦で史上16人目となる通算2000本安打を達成、1984年には打点王を獲得し、同年のチームのリーグ優勝・日本シリーズ制覇に伴ってMVPにも輝いた。1970年代後半から80年代の広島黄金時代を築き上げる原動力となった選手の一人である。
赤ヘル時代以前につけていた背番号28から、『鉄人』(横山光輝の漫画『鉄人28号』より)の愛称で親しまれており、またその愛称が示す通り、野球選手の中でも飛び抜けて体が頑丈であった。負傷しても休まず試合に出場することも多く、大相撲の幕内力士青葉城とその頑丈さを並び賞されたこともある。1970年10月19日の対読売ジャイアンツ戦から始まった連続試合出場記録は、1979年におけるスタメン落ちの為に、連続フルイニング出場こそ断念させられた(後述、エピソードを参照)ものの、1987年6月13日の対中日ドラゴンズ戦で2131試合に到達[1]。それまでルー・ゲーリッグ(ニューヨーク・ヤンキース)が保持していた世界記録を更新し、以降10月22日の現役引退まで2215試合連続出場を果たした。同年、国民栄誉賞を授与される。その功績を讃え、衣笠のつけていた背番号「3」はカープの永久欠番となっている。
同時代のチームメイトに山本浩二という強打者がおり、引退後も「鉄人」のイメージが付きまとっているためか、今では連続試合出場記録以外の話題を採り上げられることは少ないが、長期に亘って安定した打撃成績を残し、通算安打2543本(歴代5位で福本豊と同数)、通算本塁打504本(歴代7位で張本勲と同数)、通算打点1448(歴代10位)、通算得点1372(歴代5位)を記録している。また、1976年に盗塁王を獲得するなど史上3人しかいない500本塁打、200盗塁(他は張本、山本)を記録し、ゴールデングラブ賞を3度受賞した屈指のオールラウンド・プレーヤーでもある。山本・衣笠の「YK砲」は球史に残る強力なコンビであった。2人のアベック本塁打は86本を数え、巨人の王・長嶋(ON砲)の106本に次ぐ史上2位である。
現在はTBS野球解説者、朝日新聞嘱託で運動面のコラムを受け持つ他、日本テレビ系「午後は○○おもいッきりテレビ」のゲストコメンテーターとしてテレビ出演もしていた。ジャズにも造詣が深く、また、ソニーのPC・VAIOのユーザーであり、「VAIO OWNERS:達人の選択」でVAIO愛好家としても紹介されている。
現役時代から引退後も広島県呉市にある味噌メーカー「ますやみそ」のCMキャラクターを務めていた。また、現役晩年にはアートネイチャーのCMにも登場していた。
1996年、野球殿堂入り。
在日米軍人であったアフリカ系アメリカ人と日本人とのハーフである。長男・友章は俳優として活躍している。

-BLOG

Copyright© 九州ビデオ撮影 福岡映像制作 092-437-1110 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.